プロジェクトホーム

メニューを開く

スタッフブログ

2022/01/21

★リフォームローンとは★ 新築 リフォームは徳島県 阿波市 プロジェクトホームで♪

★リフォームローンとは★ 新築 リフォームは徳島県 阿波市 プロジェクトホームで♪

リフォームローンは、民間の金融機関で取り扱われており、ご自宅に抵当権をつけない「無担保ローン」であることが一般的です。

そのような特徴もあって、借入審査が早い、借入額の上限が低い、ご自宅に抵当権をつけて借入を行う「住宅ローン」と比べると金利が割高という特徴が見られます。

審査は?

リフォームローンの審査は、内容自体は住宅ローンと似ていますが、やや審査がゆるい傾向があります。

年齢・年収などがチェックされますが、さほどハードルは高くありません。
 

年齢 20〜70歳(借入時)/20〜80歳(完済時)
年収 200〜300万円以上
勤続年数 1~2年以上
(※自営業の場合は、2年以上の継続した事業収入がある方が対象)

年収が高額である必要はなく、転職して年数が経っていない方でも、審査が通りやすいことがわかります。

ちなみに、リフォームのために使えるローンには、大きく分けると「リフォームローン」と「住宅ローン」の2タイプがあります。

リフォームローン 住宅ローン
借入可能な金額の上限 500~1,000万円 5,000万~1億円
借入可能な期間 最長10~15年 最長35年
金利相場
(※2021年9月現在)
約0.38〜1% 約1.3〜4%
(※3%未満で済むケースが多い)
団体信用生命保険への加入 加入/非加入タイプがある
(※商品によって異なる)
加入必須の商品が多い
審査期間 最短で1、2日~1週間 最短でも2週間前後

【リフォームローン】の特徴

「リフォームローン」では、借入できる金額は最大500~1,000万円(金融機関によっては、最大1,500万円)程度で、借入可能な期間(=返済にかけて良い期間)も最長で10~15年程度と短いのが特徴です。

担保を必要としない分、金利が1.3~4%(たいていは3%未満)と高い商品が多く、借入金額が高いほど月々に返済しなくてはいけない額も大きくなります。

【住宅ローン】の特徴

一方「住宅ローン」は、一般的に新築購入の際に利用されることから、借入上限額は5,000万~1億円程度と高く、また借入期間は最長35年です。
金利は0.38~1%と低いですが、リフォームローンよりも審査基準が厳しいため、審査期間が長くなりやすいという特徴があります。

また、住宅ローンの場合は「団体信用生命保険(団信)」に加入しなくてはいけないことが多いです。

リフォームローンでは同保険に加入するタイプの商品/しないで良い(もしくは加入できない)タイプの商品があります。

※団体信用生命保険(団信)」とは?
債務者(ローンの借主)が万一死亡/高度障害状態になってしまった場合に、ローンの残額を代わりに負担してくれる保険のことです。

リフォームローンと住宅ローンの併用は可能なのか?

リフォームローンと住宅ローンの併用は、基本的に可能です。
ただし、現時点での収入だけでなく、返済中の住宅ローンやマイカーローンの状況も加味されるため、審査内容が厳しくなったり融資限度額が低くなったりします。

ちなみに、住宅ローンと別にリフォームローンを組むのではなく、以下のような選択肢もあります。

♦住宅ローンとリフォームローンがセットになった「リフォーム一体型住宅ローン」へ借り換え

♦住宅ローンを見直して金利の低いものに借り換え、浮いた資金をリフォーム費用に適用

連帯保証人は?

リフォームローンの申込をしたい時に気になるのは、連帯保証人を探す必要があるかどうか。

借入金額にもよりますが、連帯保証人が必須ではないリフォームローンは多いのです。

特に借入額が1,000万円以内の場合には「無担保型」のローン商品を選択できるケースが多いです。

「無担保型」と「有担保型」の違い

リフォームローンの商品を決める際には「無担保型」か「担保型(有担保型)」かを選べます。
いずれのタイプも、金利がかなり低くなってきている傾向があります。

無担保型 有担保型
借入可能な金額の上限 500~1,000万円 1,000万~1億円
借入可能な期間 最長10~15年 最長35年
金利相場
(※2021年9月現在)
約1.3〜4%
(※3%未満で済むケースが多い)
約0.38〜1%

担保不要の「無担保型」は、金利が1.3〜4%(たいていは3%未満)とやや高く設定されているものが多く、借りられる金額は少額で、返済期間も短く設定されています。

一方「担保型(有担保型)」は、リフォームする物件などを担保にすることで、一般的な住宅ローンのように、0.38〜1%の低金利で長期間・高額を借入可能というメリットがあります。

なお、住宅ローンをリフォーム資金に適用する場合は、基本的に有担保型を選択することになります

※担保とは

融資を受ける(=お金を借りる)際に、債務者(=借主)側が万一支払いが困難な状況になった時のために、あらかじめ債権者(=貸主)へ提供しておく対象のことを「担保」と呼びます。

借主が死亡・病気などにより、ローンの残額の返済が難しくなった場合に、貸主側にはその不利益分を「担保」で補える、という権利があります。

※担保の種類

担保には、主に「人的担保」「物的担保」の2タイプがあります。

人的担保(ジンテキタンポ)」は、いわゆる保証人を立てることを指します。
物的担保(ブッテキタンポ)」とは、物や権利といった財産が対象で、リフォームローンや住宅ローンの場合、家や土地を担保にするのが主流。

特に高額なローンの借入では、住宅の「抵当権」を設定することを条件とされることが多いです。
※抵当権とは「どうしてもローンの返済ができない場合、貸主側は、担保である住宅や土地を取り上げても良い」という権利のことです。

小規模リフォームなら無担保型

少額のリフォームローンでは「持ち家があり、さらに小スケールのリフォーム工事にお金をかける余裕がある」と見なされることから、無担保で審査も通りやすい傾向があります。

有担保型」のローンの場合、手続きが複雑で必要な書類も多い上、抵当権の設定費用なども10~20万円と高額になりやすいです。

「小規模リフォームなので、借りる金額は少なくてOK」という場合には、手続きが簡単な「無担保型」のローンをおすすめします。

万一リフォーム費用が足りない場合には、無担保ローンから有担保ローンへ移行することは可能です。
ただし、手数料がかかることが多く、また担保となる現在の住宅・土地の資産価値が借入希望金額に相応しない場合には、審査が通らないこともあるのでご注意ください。

リフォームローンの金利の相場

リフォームローンの金利相場は

「有担保型」なら約0.38〜1%、「無担保型」なら約1.3〜4%(だいたいは3%未満)のことが多いですが、金利タイプには大きく分けると「変動金利型」と「固定金利型」があります。

変動金利型と固定金利型とは

変動金利型

「変動金利型」のローンは、市場金利に連動して、定期的に金利が変わるシステムです。
(ローン会社にもよりますが、たいていの場合「短期プライムレート(短プラ)」という指標を基準に変わります。)

★年に2回、主に4月と10月に更新されます。

♦4月に契約した時点で金利が1.5%
♦10月の更新で、金利が1.0% ↓
♦翌年4月の更新で、金利が1.5% ↑

という具合に、金利が半年ごとに変更される可能性があるわけです。
この金利は必ず変わるとは限らず、市場金利の状況によっては「たまたま1年間、同じ金利がつづく」こともあり得ます。

なお、返済額が見直されるのは5年ごとです。

金利が低くなった場合には、元金(実際に借入した金額)を早く返済できるというメリットがあります。
しかし、逆に金利が上昇した場合には、リスクが高くなってしまうのがデメリットです。
半年毎に金利の変動をきちんと確認しながら対策できる自信がある場合や、短期間で返済できるという場合には、問題ないかもしれません。

【固定金利型】

一方「固定金利型」の金利は、契約時から返済終了まで変わりません。市場金利が変動しても、同じ割合で利息を払い続けることになります。

固定金利型には、2種類があります。

長期間固定金利型
毎月の返済額・金利が、完済時まで固定され続ける
固定金利選択型
指定した期間までは、毎月の返済額・金利が固定される
(※契約時に、1年/2年/3年/5年/7年/10年の期間の中から選択できる)

指定の固定金利選択期間が終了した後、
「変動金利型」に切り替えることも、再度「固定金利型」を選択することもできる

数年後の金利を正確に予測することは誰にもできないため、どの金利タイプが良いかは一概には言えませんが、以下を参考に考えてみると良いでしょう。

変動金利型が向く場合 ・金利動向を細めにチェックし対応できる
・短期間で完済できる
長期固定金利型が向く場合 ・途中で返済額が上がると家計面で困る
・毎月安定した金利を支払って経済管理したい
固定金利選択型が向く場合 ・最初は安定した金利を返済したい
・定期的に金利の見直しをしたい

現在の市場経済の状況、そして家計状況を見て、検討してみましょう。

最後に

リフォームローンの金利やサービスは、それぞれの金融機関によって異なるため、最終的な返済金額や期間に差が生じてきます。

金融機関を検討する際には、その金融機関が信用できるところなのか、というのはもちろんですが、複数社を比較することが重要です。

金利だけではなく、さまざまな条件で比較してみて自分にとってのベストを探してみて下さいね。

注文住宅・規格住宅・リフォーム・リノベーションなど、家づくり・住まいに関することは徳島県阿波市市場町のプロジェクトホーム(敬工務店)にお任せください!

その他ブログはこちら

PROJECT HOME PROJECT HOME

Contact us! Contact us!

「家づくりについて話してみたい ! 」

と思ったら、お気軽にお問い合わせください。

tel.0883-36-7321

ページの先頭へ戻る